カードローン返済方法と手数料

カードローンの返済方法は、金融機関によって異なります。カードが発行されるところなら原則としてATMに対応しています。カードが発行されない業者では、銀行振り込みでの返済しかできないところもあるので、手数料には要注意です。

銀行振り込みの場合、金融機関によって無料だったり、300円程度の手数料がかかることもあります。中には手数料が500円以上もかかるような金融機関が指定されていることもあるので、よく確認しておきましょう。同じ金融機関同士の振込みなら手数料が無料という銀行も増えているので、自分がメインで使用している銀行が指定口座になっているところを選んでおくと、利用しやすいかもしれません。

キャッシングで即日借りれる【最短1時間融資】でおすすめなのが、口座からの自動振り替えです。毎月指定した口座から自動で引き落としがされ、手数料もほとんどの場合に無料なので、延滞をしてしまうリスクも少なく、一番おすすめです。しかし、自動振り替えでは毎月最低額しか引き落としがされないという問題点もあります。

その問題を解決するために、手数料無料のインターネットバンキングに対応していることや、ATMの利用手数料が無料のカードローンを選んでおくと、随時返済をするときに手数料が節約できます。

ATMの手数料については、すべてのATMで無料ということもありますが、専用ATMの手数料は無料だが、コンビニATMなどでは108円もしくは216円の手数料がかかるとなっているところも多いです。カードローンを選ぶときには金利ばかりを重視しがちになりますが、手数料についてもきちんとチェックしておきましょう。